広島国際映画祭 HIROSHIMA INTERNATIONAL FILM FESTIVAL

  1. ホーム >
  2. プログラム >
  3. 北の桜守

Special Screenings
特別招待作品

北の桜守

上映スケジュール
11月23日(金)12:30からNTTクレドホール第1会場にて

タイムテーブルはこちらから

作品概要


Ⓒ2018「北の桜守」製作委員会

<ストーリー>
1945年、樺太で暮らす江蓮てつ(吉永小百合)は、8月にソ連軍が侵攻してきたために2人の息子と一緒に命からがら北海道の網走まで逃げる。凍てつく寒さと飢えの中、てつたち親子は必死に生き延びるのだった。1971年、アメリカで成功を収めた次男の修二郎(堺雅人)は日本初のホットドッグ店の社長として帰国し、網走へと向かう。

<スタッフ>
監督:滝田洋二郎 / プロデューサー:冨永理生子 / 脚本:那須真知子 / 撮影:浜田毅 / キャスト:吉永小百合、堺雅人、毎熊克哉

<作品情報>
制作年:2018年
上映時間:126分
制作国:日本

<ゲスト>
毎熊克哉
1987年3月28日生まれ、広島県出身。
初主演作『ケンとカズ』(16)で、第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第31回高崎映画祭最優秀新進男優賞を受賞するなど、大きな評価を得る。今年映画公開作に『北の桜守』(滝田洋二郎監督)、『万引き家族』(是枝裕和監督)、『空飛ぶタイヤ』(本木克英監督)、『純平、考え直せ』(森岡利行監督)、主演『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』(城定秀夫監督)、『止められるか、俺たちを』(白石和彌監督)、『真っ赤な星』(井樫彩監督)等があり、本年の映画出演数13本。TVに、NHKスペシャル『未解決事件File7 警察庁長官狙撃事件 容疑者Nと、刑事の15年 』、朝の連続テレビ小説『まんぷく』に出演中と、今最も勢いある俳優の一人である。

監督

滝田洋二郎
富山県出身。81年監督デビュー。『コミック雑誌なんかいらない!』(86)がニューヨーク映画祭で絶賛される。『壬生義士伝』(03)で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。『おくりびと』(08)は日本アカデミー賞で最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞。さらに米国アカデミー賞で日本映画初の外国語映画賞を受賞した。その後も『釣りキチ三平』(09)、『天地明察』(12)と作品を公開し、14年に紫綬褒章を受章した。17年に『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』が公開。