広島国際映画祭 HIROSHIMA INTERNATIONAL FILM FESTIVAL

  1. ホーム >
  2. プログラム >
  3. ファン・アンド・ゲームズ・フォー・エブリワン

Retrospective of May 1968 films, collaborated program with French Cinémathèques
68年5月革命特集、シネマテーク協力企画

ファン・アンド・ゲームズ・フォー・エブリワン

作品概要

<ストーリー>
ザンジバルの一員であった、ミニマリズムの画家オリヴィエ・モセットの展覧会のオープニングに集う人々。そこには、ザンジバルのメンバーとともに、サルバドール・ダリ、バーベット・シュローダー、ジャン・マスコロの姿もある。セルジュ・バールの処女長編『自滅しなさい、静かなる銃』(1968)に続き、アンリ・アルカンが撮影を手がけ、コントラストの強い白黒の映像とビートの効いた音楽が強烈なインパクトを生む。

<監督>セルジュ・バール

<作品情報>
制作年:1968年
上映時間:53分
制作国:フランス

Origin of copy : La Cinémathèque de Toulouse