広島国際映画祭 HIROSHIMA INTERNATIONAL FILM FESTIVAL

  1. ホーム >
  2. プログラム >
  3. 現像液

Retrospective of May 1968 films, collaborated program with French Cinémathèques
68年5月革命特集、シネマテーク協力企画

現像液

作品概要

<ストーリー>
68年5月の喧騒を逃れ、イエールヤングシネマフェスティバルで出会ったベルナデット・ラフォンを主演に迎え、ドイツ、ミュンヘンの森を舞台に撮影された。言葉への拒絶、闇と光が際立つ映像と移動撮影と長回しを特徴としつつ、前世代への強い批判をも包含している。

<監督>
フィリップ・ガレル

<作品情報>
制作年:1968年
上映時間:67分
制作国:フランス